自動運転領域特化型ブランディング&
アクセラレーション支援サービス

B&A by 自動運転LAB.

自動運転領域でのビジネスを、
「最速」×「最高確率」で成功に導くパートナー。

2035年には8000億ドル(およそ88兆円)、2050年には7兆ドル(およそ770兆円)にも市場規模が拡大すると言われている自動運転産業。近代最大級の産業革命ともいえるテーマ「自動運転」。私たちは、「日本発の自動運転テクノロジー」の拡大に寄与すべく、この領域に特化し、ベンチャー・スタートアップ企業から大手企業まで、要素技術からコア部品、完成車メーカーやMaaSプラットフォーマーなど全てのTier(レイヤー)の企業を支援してまいります。

SERVICE

自動運転・ライドシェア・MaaS領域での、
「ブランディング」と「アクセラレーション」に特化。

目まぐるしく技術進歩し、R&Dや実証実験が進む自動運転業界において、
勝ち上がる為に必要なのは、「技術力」と「アライアンス」。

「技術力」

優秀な人材に立脚した技術力がなければ、そもそも実用化、普及まで辿り着けません。自動運転領域において、優秀な人材獲得こそ競争力の源です。

「アライアンス」

自動運転は多種多様な要素技術やコア部品やテクノロジーが組み合わせられて初めて実用化に向かうものであり、何かに秀でた1社だけで実現できるものではありません。

【B&A by 自動運転ラボ】では、この2つを強化するために、以下の4つの側面から強力にサポートします。

ブランディング

採用ブランディング支援

圧倒的に不足しているといわれる自動運転領域におけるエンジニア。センサー、画像認識など要素技術系エンジニアから、AI系エンジニアまで、自動運転産業にまつわる全Tierで不足しているのが実情です。
AIという大きな枠組みで見ると、世界で70万人規模で不足しているともいわれ、そのような競合激しい中、いかに自社に優秀なエンジニアが集まるようにするか。まさに採用ブランディングの優劣が、この領域のビジネスの優劣を決めるといっても過言ではありません。
自動運転領域で圧倒的なエンジニアコミュニティを持つ自動運転ラボだからこそ出来るアプローチで、貴社の採用ブランディングを強力に支援します。

デジタルマーケティング支援

自動運転領域において、要素技術やコアテクノロジーのすそ野は広く、様々なプレーヤーが存在しています。
そのため「自動運転産業」に対して、自社のテクノロジーや取り組みを発信し、強くアピールしなければ、せっかくの技術力も陽の目を見ることがありません。
業界内に強くリレーションを持つ自動運転ラボだからこそ可能なPR及びデジタルマーケティングの手法を駆使し、貴社の技術力を業界内に「最速」で広めるサポートをします。

アクセラレーション

アライアンス開拓支援

自動運転産業に注力されている企業にとって、自社の要素技術やコアテクノロジーを「自動運転車」に搭載・実用化を目指すには、強力なアライアンスパートナーが必要です。
実証実験パートナーの選定しかり、より上位Tierのプレーヤとの連携しかり、自動運転ビジネスの成否は、アライアンス戦略次第といっても過言ではありません。
自動運転ラボでは、業界トップの専門メディアというバックボーンを活かし、強力なビジネスマッチング支援をご提供します。

国内外マーケットリサーチ

自動運転産業は、新技術が続々と出る領域だからこそ、国内・海外、ベンチャー・大手問わず、最新のプレーヤー動向など、新しい情報をキャッチアップすることが重要です。
業界最大級の専門メディアである自動運転ラボの持つ国内外の特派員による最新情報を提供し、自動運転領域の事業推進をサポートします。
自動運転及びMaaS関連領域におけるVBファンドや、大手自動車メーカー、部品メーカー、プラットフォーマーなど、自動運転領域の事業投資部門を持つ企業様の日々のリサーチ活動をご支援します。

CASES

ご利用例

  • エンジニア採用強化

    新卒

    ・大学とのリレーション強化支援、自動運転業界を志向する学生コミュニティへのリーチ強化

    ・中途(即戦力):専門メディアを通じた通年採用強化に向けた業界内ブランディングコンテンツ開発・運用

    海外採用

    ・清華大学(中国)などAI系トップランク大学との採用リレーション構築支援

  • 業界内ブランディング強化

    ・業界向けカンファレンス企画・集客・運営支援

  • 要素技術系ベンチャー企業の例

    ・実証実験するパートナーとのマッチング支援

    ・要素技術の採用する上位Tier会社とのマッチング支援

  • 自動運転領域でのファンド、CVC、事業投資部門の例

    ・自動運転、MaaSなどの関連領域での最新スタートアップ情報リサーチ支援

    ・有望な技術系スタートアップとのマッチング

自動運転領域専門ニュースメディア自動運転LAB.

業界最大級の専門メディア運営を通じて、
自動運転産業における最新のネットワーク&コミュニティを形成しています。

「自動運転ラボ」のユーザー層

  • ・ベンチャー・スタートアップ企業から大手企業まで、自動運転関連企業の経営者
  • ・自動運転領域に携わる専門エンジニア
  • ・自動運転領域への興味を持つ大学生(就活生)
  • ・自動運転領域に関する研究室を有する国内大学の教授及び関係者
  • ・自動運転領域への転職志向を持つ技術者層

専門メディアとして、主要な業界内キープレーヤーとのリレーションを持つ「自動運転ラボ」だからこそ、「日本発の自動運転テクノロジー」の拡大に寄与すべく、ベンチャー・スタートアップ企業から大手企業まで、要素技術からコア部品、完成車メーカーやMaaSプラットフォーマーなど全てのTier(レイヤー)の企業の「ブランディング」と「ビジネスアクセラレーション」を支援してまいります。

VISIT WEBSITE

ABOUT

社名 株式会社ストロボ (英表記: Strobo Inc.)
代表取締役社長 下山 哲平
所在地 《HEAD OFFICE》
〒106-0045 東京都港区麻布十番 1-5-10(受付4階)
TEL: 03-6403-0823  
FAX: 03-6721-0904

《STRATEGIC LAB》
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-8-11

《CONTENT GROWTH HACK CENTER》
〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区桜山町5-99-6
事業内容 自動運転領域特化型メディア「自動運転ラボ」運営
自動運転領域におけるブランディング&ビジネスアクセラレーション支援
コンテンツグロースハック事業
メディア&コンテンツ開発事業 デジタルマーケティング事業
Webサイト https://www.strobo-inc.jp/
資本金 1,900万円
設立 2016年12月
関連会社 株式会社POD
株式会社APOLLO11

CONTACT

pagetop